住宅に害獣が住み着いた場合は迅速に駆除を行なう必要があります

業者にコウモリ駆除と鳩駆除を相談

コウモリ駆除と鳩駆除で家を守る

作業員

住宅のベランダや庭にコウモリや鳩が住み着いてしまった場合は、自分で駆除するよりも業者にコウモリ駆除や鳩駆除を依頼する必要があります。

駆除が完了するまでの流れ

コウモリや鳩を発見次第駆除業者に相談

害獣駆除を取り扱っている業者は基本的に無料で相談に対応してくれるため、誰でも気軽に駆除の相談を申し込むことが可能です。最近では全国各地で対応可能な駆除業者も登場しており、どの地域に住んでいる方でも害獣駆除を依頼することができます。コウモリや鳩などの害獣は放置しておくと数がどんどん増えていき、被害もどんどん拡大してしまいます。なるべく被害を最小限に抑えたい場合は、駆除業者に対応を依頼するのが最適です。

現地調査をしてもらい巣や侵入経路を見つける

住宅で発生している害獣被害を相談した後は、業者の方に現地調査を実施してもらって被害状況を確認してもらいます。調査を実施しておくことで害獣の侵入経路や被害状況を把握し、最適な駆除プランを立てることが可能です。コウモリは自分の身体よりも小さい隙間や穴から住宅へと侵入してくるため、侵入経路や巣のある場所が特定しにくいです。しかし駆除業者の方は多くの実績と経験を併せ持っているため、的確に巣の場所や侵入経路を特定することができます。

住み着いている場所から追い出して侵入経路を塞ぐ

コウモリの侵入経路や巣を特定した後は、忌避剤を散布して巣からコウモリを追い出します。コウモリの身体にはさまざまな病原菌やダニが存在しているので、追い出しが完了した場合は清掃を実施して有害な糞などを撤去しておくのが一般的です。清掃によって巣のあった場所を消毒した後はコウモリの侵入してきた場所に金網を設置したり、パテで侵入口を埋めたりすることで侵入口を塞ぎます。作業を行なう際は、予防処置のために忌避剤を使用することが多いです。

住宅の中に住み着いているコウモリを駆除業者の方が退治する際は、こういった手順で駆除作業を進めていきます。しかし作業を行なう業者の方によっては、手順や作業内容が少し変わっていることがあるので注意しましょう。

駆除後はグッズで再発防止

コウモリ駆除や鳩駆除を行なった後は侵入対策を便利なグッズで行ない、害獣による被害が再発するのを防ぐのが有効です。

侵入を防ぐことができるグッズ

鳩除けネット
ベランダなどの場所に害獣が住み着くのを防ぐには、鳩避けネットで侵入を防ぐのが有効です。きちんとネットで侵入口を塞いでいれば、鳩やコウモリなどの害獣が住み着くことはありません。しかし設置の仕方が悪かったりネットの網目が大きかったりすると、隙間などから害獣が侵入してくる可能性が高いです。設置を行なう際は注意しましょう。
忌避剤
害獣対策に役立つグッズを販売している店舗の中には、コウモリ用の忌避剤を取り扱っている店舗も存在しています。忌避剤はコウモリの嫌いな成分を含んでおり、散布しておくだけでコウモリが近づくのを防ぐことが可能です。効果が持続する時間は3時間から6時間程であり、効果を長く発揮するには定期的に使用しなければなりません。
TOPボタン